Blog日 記

人間関係を円滑にする必勝法!元精神科ナースの王子がお教えします!/ご存知!御伽棋王子

 ご存知!御伽棋 王子でございます。

 皆さんは、友達っていっぱいいてますか?

 というわけでですね、本日は、日々感じる人付き合いって難しいよね?

 円滑にできる何か必勝法ってないの?

 っていうテーマでお話をしたいと思います。

 人はそれぞれ、コミュニティーに属していると思います。

 会社もそうですし、もちろん学校もそうです。

 コミュニティーに属するとたくさんの人と出会って、その中で生活をすることになると思います。

 そこで悩むのが、人間関係や友達付き合いではないでしょうか?

 人は集団に属するとですね、自分の意見を中々言えなかったり、ちょっとあの人苦手なんよね…ってことが出てくると思います。

 どうしても、自分が思ってることを主張して、変な奴や!って思われたらどうしよう…とかですね、はみご(関西弁?関東はハブられる?)になったらどうしよう…って思ってしまいますよね?

 気持ちは良く分かります。

 だって、好き好んで、人から嫌われたいなんて人いないでしょ?

 だからどうしても、ほんとは嫌なのに人に合わせてしまったり、自分の意見を言えなかったりってなっちゃうんですよね(苦笑)

 因みにですね、冒頭で言った「友達いっぱいいますか?」なんですが、王子は…なんと…友達が……少ないです…(笑)

(誰や!?わかる!って思った人w)(もう…みんな友達になって~w)

 そんな王子ですが、なかなか楽しく過ごしてるんですよ。

 人によっては、友達はとにかく多いほうが良いって方もおられるとはおもいますが、王子はそう思いません。

 100人おって100人に好かれるなんてことありえないと思っていますし、100人おって1人でも自分に賛同してくれる人がいたら御の字やと思っています。

 やはりですね、価値観が合うとか一緒におって心地いいって人のほうが大事やなっておもいます。

(別に友達なんて作るなって言ってるわけじゃなく、王子の価値観です)

 そんなことは、わかっとる。

 それでも…学校で浮きたくないとか、会社での人間関係を円滑にしたい、多くの人に囲まれたいんや!って思ってるかた、ここからが大事なことですよ。

 その、大事なことはですね…

 会話の際に聞き役に回って話を聞いてあげて、さらにその人が言いたいことを引き出してあげるってことです。

 人はみんな、承認欲求というものを持っています。

 それを、真剣に会話を通してしっかり聞いてあげることをすると、不思議と人は周りによってくるんですよね。

 その際、注意しなければいけないことは…

 1.話している人の話を最後まで聞く(自分の意見を途中で挟んだりしない)。

 2.話終わったら、「○○さんはこういう話で、こう思ってるってことであってる?」って聞く。

 3.話された内容があってたら、自分の意見を言う。

 このことに注意して、会話の聞き役に徹すれば、頼りにされるし、人間関係も円滑にいくこと間違いなし!

 人間関係が悪くなる時って、コミュニケーションエラーによるものが大半かなって、王子は思います。

 お互いが尊重しあって、その人を理解しようと思えば人間関係は円滑にいくのではないでしょうか?

 もちろん、前提に価値観が合うや居心地が良いっていう様々な要因もありますが。

 中には、人に対する態度が悪かったりていう人ももいたりしますが、そんな人は価値観が合わないってことでいいのでは?

 むしろ、その人をみて反面教師で、ああいう人にはなりたくないなって思えばいいんですよ。

 人間ですから、意見が食い違って喧嘩することもあると思います。

 そんな時は勇気を出して仲直りが一番いいし、仲直りすることでその人の気づかなかった一面が理解できたりするのかなと。

 どうしても、仲直りする勇気がないって人にはですね、このスペシャルなカクテルはどうでしょう?

 では、カクテルを作りたいと思います。

 まず、グラスを冷やしておきます。

 次に、ウォッカを適量、そしてライムを絞り、皮ごといれます。

 最後にジンジャー・エールでフルアップ。

 モスコミュールの完成です。

 

 なぜ、モスコミュール?って思っちゃいました?

 モスコミュールのカクテル言葉は、「喧嘩したらその日のうちに仲直りするです」

 生姜のきいたジンジャー・エールと身体を温かくしてくれるウオッカ、そしてライムのさっぱり感が合わさったカクテル。

 モスコミュールを飲んで、身体も心も温かくしてお話すれば仲直りはすぐですよ。

 いかがでしたでしょうか?

 少しでも参考になったと思っていただければ幸いです。

 次回も、琥珀色の兎が、あなたの特別な物語を紡ぎます。

 では、また。